沖縄⇔東京間の引越しで最安料金の業者を知るにはコレ!

沖縄-東京間の引越しを少しでも安くすませたいなら見積もり比較が必須です!

一人暮らしの引越し向けのサービスとして単身パック(提供会社によって名前が違います)が知られていますが、一人暮らしだからと言って、イコール単身パックを使うのが最善というわけでは決してありません。トラックに詰め込めるサイズの専用の箱に大きくない家財道具を詰め込むサービスを単身パックと呼んでいるのですが、もし、1基のボックスに荷物が収まらない場合にはさらに専用ボックスが追加になり、料金が倍になってしまいます。こういうこともあるので単身パックは荷物量が極々少ない人向けであることを頭に入れて見積もりを比べてみましょう。引越し荷物の梱包に必要不可欠なのがダンボールです。ダンボールの準備をどうすれば良いのか?と困っている方もあるいはいるかもしれませんが、専門業者で引越すなら業者さんが手配してくれます。たいていは標準サービスとして実質的に無料でいただけますが、稀にオプションで別料金の業者も存在しますので見積もり取得の際に確認をしてみてください。あまりにも安すぎるなと思うような業者に依頼しようかどうしようかと迷っている方はダンボールが無料提供されるのかどうか注意して比較しましょう。無料の一括見積もり比較サービスを業者を決める前に使ってみましょう。

引っ越される沖縄-東京間ではサカイやアートなどのどこがモットも安く、そしてコスパが良いのか?それを知る、おそらくたったひとつの手段が引越し見積もり一括比較サービスで少なくとも6社以上から見積もりを請求して、各業者の料金を比較してみることなのです。仮に、「チラシが入ってきた専門業者が良い・・」という場合でも、大損をしたくなかったら必ず見積もり一括サービスを使って他社の金額と比較を行ってみるべきです。実は他社の方が数万円以上安かった!ということが有りがちなのです。引っ越しが終わってから「あの時面倒くさがらなければ、美味しいものが食べられたのに・・・」となった友人がいました。沖縄-東京間の単身引っ越しは複数人世帯の引越しと比べるまでもなく大幅に荷物量が少ないことがほとんどなので、安い引っ越しができるでしょう。たとえば、大手・中小規模業者から単身引っ越しパックというパッケージサービスも最近よく利用されていますので、独身サラリーマンの転勤などの時には価格的なことも検討をしてみてはよいと思います。

「私は値切るのが苦手・・・」誰でもあつかましく言えるものではありませんよね。そういう方であればなおさら、見積もり比較が重要なのです。訪問見積もりの際に他社の沖縄-東京間の引っ越し価格は「あなたのところより3万円安い業者が3社もあった」と言うことができます。それに、訪問に来た業者の見積もった引越し代金が適正価格なのか?とジャッジ出来るのは他社の見積もり額を分かっているからそこです。

「朝一便」または「午前便」ですが、こちらはその日初めて行う引越しのプランです。AM8時~9時スタートが多いですが、転居先・荷物量等を前もって業者に連絡しておけば、終わる大体の時間も提示してくれます。勿論その分、代金は他と比べても高くなります。一定の金額のイメージがする単身者の引越しプランですが、著名なワンルームパック(日通)は土日や祝日には価格が5,000円ほど上乗せされます。クロネコの単身プランはシーズン加算(最も高い相場と言われる春の時期)された価格となりますので覚えておいてください。ちなみにサカイ引越センターなどの大手のひとり暮らし向けのプランは見積もりが必要になります。数年前に依頼したことがある地元業者が格安のようだったから、ということで以前の業者にしようとしている人ももちろんいらっしゃるでしょう。でもですね、それは損をする元です。全国規模、地域業者にかかわらず引越し費用は意外に運とタイミングによって変わる側面があるので今回もまた安いとは限りません。いわゆる引越し業者の請求金額は相場のようなものと言われる通りなのです。

目安的な相場料金としては以下の通りです。沖縄-東京間の引越しではひとり暮らしで10~30万円、2人世帯規模で30~50万円、3人・4人程度の世帯規模で50~85万円ほど、4人を超えるような世帯で80~150万円を標準目安として良いでしょう。もちろんこれは平均的な基準であってあくまでもおおよその目安となりことは認識してください。繁忙期や閑散期などの時期的なものや、荷物量など個別の状況で引越し料金はずいぶんと変わってきます。「午前便」を選んで得する点は、1日の最初に業者がこなす案件であり、特に消耗しているわけではないので、その分アクシデントを起こす確率が下がります。つぎに、スタートは8時~9時頃とほぼわかっているので、業者がやってくる時間について特に想定することはないのです。更に、正午までには作業は大体完了するので、お昼以降は荷物の開封作業がスタートできます。

コメントは受け付けていません。