沖縄⇔熊本間の引越し 最安値の業者価格を調べるにはコレ!

oki1 (4)

沖縄から熊本県の各市町村へ、熊本から沖縄県への単身での引越しの場合は複数の人が暮らす所帯が引っ越すのに比較すれば大幅に荷物量が少ないことがほとんどなので、安い引っ越しができるでしょう。初めて一人暮らしをされる方向けとして各業者から単身引越し専用サービスなどの少ない荷物の引越し専用のサービスも提供されていますので、単身赴任などの方は利用出来るかどうか考えてみてはどうでしょうか?。

引っ越し料金の相場は春の繁忙期と呼ばれる時期に上がることがよく知られるところです。卒業・進学や就職・転勤などで3月から4月にかけてたくさんの異動がありますが、こんなふうに申し込みが集中する時期には引越し業者の料金がつり上げられる(?)のです。このように業者の料金は変動するものなのです。

oki1 (3)

土日に引っ越すよりも平日に行う方が金額が割安なことが多いようです。休日も平日と同じ価格だとしている中小の専門業者もありますが、そもそもウィークデーの価格が格安であるのかどうかが疑問を感じますよね。それを知るには沖縄-熊本間の見積りをできるだけたくさん取って他社の価格と比べてみるのが最善の方法となるのです。

o11

どうすればあと5万円くらい安くしてもらえるのか分からない・・・そういう方もたくさんいますよね。そのためにも、引越し見積もり一括サービスを利用するのです。業者スタッフが訪問見積りをしに来たらほかの業者の沖縄-熊本間の引越し代は「このくらいなんですけど」と本当のことを言うだけです。もちろん、「この引越し代になります」と見せられたら、それが本当にこれで良いの?の判断を下せるのも他の業者の値段を入手しておいたからこそです。

o12 o13 o14

沖縄⇔熊本県のイチバン安い専門業者の値段を調べるならコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

o21

安い定額料金だと思われるひとり暮らし向けのプランですが、日本通運(日通)のワンルームパックは土日や祝日には価格が5,000円ほど上乗せされます。同じく最大手のクロネコヤマトの単身向けプランはシーズン加算(最も高い相場と言われる春の時期)として上乗せされますから注意です。アート引越センターなどの大手専門会社のひとり暮らし向けのプランは見積りが必要になります。

o22

引越し業者の請求額は搬送する荷物と移動する距離から基礎が決まるのですが、会社によって費用が変わるのは割り当てるスタッフや運搬トラック、得意としていない区間、作業開始時間、有料サービスを利用する・しないなどによって請求金額が変わってきます。運搬する荷物に比して過剰にスタッフを増員したり余分に大きなトラックを使ったりするとずいぶん高い価格になることもあるので最低でも4・5社の見積もりを比較するのが最善です。

oki2

ここで示す金額はあくまで標準的な相場ですが沖縄-熊本間の引越しではおひとりさまで100,000円~300,000円ほど、夫婦2人程度の世帯で150,000円~400,000円、家族世帯で250,000円~650,000円、3世代のような世帯規模で400,000円~1,000,000円くらいとなるようです。ただしこれは一般論の相場金額となりことは認識してください。引越しは言ってみればオーダーメイドですから価格はそれぞれの状況で大きく異なります。

o23 o24

r

 

 

 

 

 

oki1 (2)

トラックによる「帰り便」ですが、業者のスケジュールに合わせる必要があるため、利用は厳しいという一面もあります。さりとて例をあげれば、長距離引越の場合は費用はかなり浮きますので、「なんでもいいから、安く引越したい!」という方に向いています。家具だけの引越しとなるとき、東京や大阪の周辺であれば便もたくさんありますので、もし気になるのであれば業者に問い合わせてみましょう。

午前便を利用する利点ですが、業者が始めに片づける案件となり、疲れを感じない時間帯なので、事故率が限りなく低いのです。それに、作業開始時刻はAM8時~9時くらいとほぼわかっているので、業者の来訪時刻については特に想定することはないのです。その上、引越し作業は昼頃にはおおよそ終わってしまいますので、PMになれば積荷を解く作業が開始できるのです。「朝一便(またの名を「午前便」)」ですがこれは、1日のスタートとして執り行う引越し依頼のことです。朝8時か9時に始まる場合が多く、転居先・荷物量等を業者に早いうちに教えておけば、おおよその終了時刻も知らせてもらえます。勿論その分、料金は他の便より高めです。

沖縄-熊本県間の引越しする前、した後に行う水道料金絡みの手続きについてですが、2~3日前までにはなんとしても、引越す前に住んでいた場所にある水道局宛に、水道使用をストップしたいと連絡して下さい。連絡をせず放置すると、引越し前住居の水道料金を手続き終了まで払わなくてはなりません。新しい住所の玄関先に、「使用開始のお届け」という名称のハガキが既に用意されていると思いますので、必要事項を記入の上ポストに投函して下さい。この他には、水道局へ電話したり、ホームページからでも手続きが可能です。引越すときのインターネット関連の手続きは、プロバイダ&回線会社宛に旧居を出る日や新居住所を教えて下さい。

oki1 (3)

次に担当者の指示通りに、詳しい手続きを完了させます。今利用している周辺機器(モデム等)は、転居先に持参する場合が大半ですが沖縄-熊本県間の引越しするときの環境次第で新機器が要るときもありますから、その辺りはきちんと確認を取って下さい。今時、固定電話を所持している人は珍しくなりつつあります。

しかしながら、まだ利用している人が多々いるのです。引っ越しのタイミングを狙って、固定電話を処分し、スマートフォンにチェンジしてみるのも良いでしょう。転居先住所に電話専用の回線を設置するのは大変ですし、スマートフォンであれば、電話ができるのは勿論、ニュースを見ることができるようになるので、便利になります。もし引越しをする際は、現住所で今まで使った公共料金(電気・水道・ガス)は忘れず精算しておいてください。

それから沖縄-熊本県間の引越し後は公共料金をすぐ使えるように、手続きをできるだけ早く終わらせてしまいましょう。スムーズに手続きを終わらせ、ワクワクドキドキなニューライフを開始して下さい♪ネット回線を引越した先でもし使うのならば、手続きを終えるまでには一定時間かかります。申し込み日~利用開始日まで最短でも7日~半月くらい、申し込みが遅いと1か月以上先になるケースもあります。引越し後に申し込みをしてもはっきり言って遅いですから、申込み手続きはお早めに!!新居に移る際、引越し先にテレビも持っていくか迷っている方がいるかもしれません。どうしてもこれが見たい!という番組がこれといってなければ、持ち込まないことをお勧めします。今の時代、インターネット1つでニュースはもちろん、ドラマやアニメを見られます(有料番組も存在します)。

oki1 (5)

家電製品の中で、電気代を最も負担しなければいけないのがテレビだという報告もありますからね。

引越しの手続きで忘れてはいけない処理は、「郵便局へ出す転居届」ではないでしょうか。なぜかといえば、友達や親族からの手紙・葉書をはじめ、クレジットカードまたは携帯電話の利用料金や、銀行からの諸連絡など、極めて大事なものが日々送られて来るのですから。なので、転居届を出し、旧住所宛の郵便物を引越し先住所まで転送してくれるよう設定しておきましょう。旧居退去直前、ガス・水道・電気等の公共機関へ解約の申し出をすることになるのですが、手続きのプロセスはどれもあまり変わりません。

手始めに、旧居退去日・新居住所を1ヵ月前を目途にガスや水道、電気の各管理会社に連絡を取って下さい。沖縄-熊本県間の引越しが完了したら、ガス栓と蛇口を閉め、ブレーカーを落として下さい。お終いに、各管理会社が退去前までの使用量を確認し、新居に料金明細を送ってきますので、忘れずに払っておいて下さい。この3手順を問題なくこなせば、解約手続きはこれでフィニッシュです。

コメントは受け付けていません。