引越しの梱包・荷造り

引越しの荷造り・梱包について書いているカテゴリーです。ダンボールの入手やガムテープなども必要になります。ワンルームなどに一人暮らししている場合には前日に梱包したダンボールによって部屋が占領されて眠る場所がなくなったなんてこともよく聞く話です。もし荷造りをする時間が忙しくてとれない人には梱包をしてくれるおまかせパックなどのサービスもありますので検討してみてもよいですね。

衣類の荷造り・梱包

引っ越し
引越しの際に、衣類を荷造りするには大別すると、ふた通りの荷造り方法があります。一方は、ハンガーなどにかけてある衣類に対しての荷造りです。もう一方は、タンスの中に在る衣類や引き出しに畳んでしまってある洋服などにたいしての荷造りです。最初に、ハンガーに掛けてある衣類の荷造りについてですが、これらの荷造りの場合は、タンスに掛けてある洋服をそのまま運搬することができる、ハンガーボックスと言われているものを使用します。畳んでしまうことを必要としないのでシワにならず、引越した後の荷解きの際にも、ハンガーのまま架け替えることが出来る非常に使い勝手の良い簡易ボックスになっています。

引越し業者の見積りの際に、ハンガーボックスはいくつ使用するか聞かれるはずです。どの位の量を運ぶのか、見積りの際に業者の方に見てもらうなり、申告するなどして、必要な数を用意してもうようにしましょう。ハンガーを外したり、畳んだりせずにそのまま運搬できるので、とても重宝するものです。もしも引越しの見積りの際に、引越し業者からハンガーボックスのことを聞かれない時には、引越し業者に用意してもらえるのか、こちらから忘れずに確認を行いましょう。

 

次に、畳んである衣類に関してですが、畳んであるものは、そのままダンボールの中に重ねて入れましょう。衣類はもてないほど重くならないので、箱に沢山詰めこんでも運ぶことが可能です。なお、シワが気になるものは、八分目にして入れます。当然、重すぎると判断した場合は、ダンボールの中身を調節する必要があります。なるべく引き出しごとに箱詰めすると、荷解きが楽になります。また、季節物などのすぐにすぐに利用しない洋服の場合には、ダンボール箱の中に防虫剤を一緒に入れておくことをおすすめします。すぐに利用しないものの場合、引越し後はダンボールに入れたままになりがちだからです。

食器類の梱包・荷造り

引越しの際の食器の荷造りのコツは、新聞紙を利用してくるむことです。たとえ一人暮らしの場合でも、食器が多い方の場合は、約一ヶ月ぐらいの新聞紙が必要になります。雑誌などでもかわりになりますが、大きさ的にやや小さいことと、紙が質が良いので破るのにやや手間が掛かります。食器を箱に詰める前に、まず箱の底に新聞紙を敷き詰めてクッションを作ります。平らに敷こうと思わずに、出来るだけ適当に紙をくしゃくしゃにしながら底に敷くと、中に入れる食器類の衝撃を吸収してくれて割れにくくなります。

荷造り

ダンボール箱の用意が出来上がったら、引越し先に運んでいく食器を入れていきます。食器は一個ずつ新聞紙でつつむようにして、重量のあるものからから順番に入れていき、隙間をつくらないように詰めていきます。すき間が出来てしまったときには、紙をクシャっと丸めて、すき間の部分を埋めるように入れて下さい。すき間を埋めようとするあまり、無理やりに食器を詰めて、わったりしないように気を付けましょう。特に割れやすいワイングラスなどは、新聞紙を二重、三重につつむことで、トラックの振動などで破損することを防ぐことが可能になります。

せっかく引越し依頼主がこのように破損防止策を工夫をしていても、引越し業者が雑に扱った場合、破損する可能性があります。ダンボールの中身は壊れやすいものが入っていると、前もって知っていれば、引越し作業員の方もより慎重に扱います。ダンボールには、破損しやすい物が入っていることを伝えるために、記載を必ず入れるようにしましょう。見落としを防ぐために、箱の上と側面に、記載すれば見落としはないでしょう。

冷蔵庫と洗濯機の梱包・荷造り

引越しの際に、冷蔵庫を運ぶ時には注意事項を順守しないと破損する事があります。最近の物は、しっかりとしていて壊れないと思っていると、高い出費になることもありますので、注意することが必要です。まず引越しの数日前から、冷蔵庫の中の食べ物や飲み物は計画的になくなるようにしていきます。引越しの前日には中のものは完全に無くして、夜にはコンセントを抜いておくようにして下さい。スペースがあるからといって、中に物を入れっぱなしにしないようにします。

 

暑さで融けてしまうようなバターなどを運ぶ時には、保冷用ボックスなどを利用すると便利です。食品を冷蔵庫から出して運ぶ際には、それらの臭いが移らないように、他のものと違う袋や箱に入れるようにしましょう。

荷造り

また引越しで洗濯機を運ぶ際には、コンセントとアースを予め外しておき、ガムテープで洗濯機本体に貼り付けておきましょう。ホースなどを外す作業は、一般的には引越し業者が行いますが、中にはオプションで別料金になっているケースがあります。引越し業者がホースの取り外し作業を行なってくれる場合でも、引越し前日の夜に洗濯をするのはやめた方が無難なようです。水が残っていることとで、移動中に他の荷物を濡らしてしまうケースがあるためです。排水ホースや洗濯層の裏側には水が残っているので、しっかり水を抜くには、洗濯機本体を斜めにしてホースを外し、中に残っている水を抜く必要があります。残っている水のほとんどは、洗濯機を傾けることで出てきます。取り外したホースは、丸くして洗濯槽の中に入れて運搬しましょう。

メディア機器の梱包・荷造り

引越しでテレビなどのメディア機器を運ぶ場合、引越しの依頼主は衝撃に対する準備が必要になってきます。テレビやメディア機器は一般的に衝撃に強くないため、買ったときの箱などに入れて運搬するのが最も良いと言われています。全てお任せの引越しプランにしたケースでは、その限りではありませんが、例えば引越し業者がケーブルを抜いて運搬したとしても、引越し先の新居でケーブルを接続してくれるかどうかはわかりません。テレビやメディア機器の知識があまりない方の場合、ケーブルを接続するのが難しい作業になってしまいます。機械に強くない人には残念ですが、機器の接続は、自分自身で行うのが基本になります。

荷造りをする女性

このことを考えると、引越しの準備として自分でテレビとメディア機器のケーブル類を確認しながら外してまとめておく必要があります。その際のポイントとしては、ケーブル類を抜く前に、接続されていた端子とプラグそれぞれに荷札を付けて目印となる番号をふっておくことです。こうすることで引越し先の新居で、簡単に接続することが出来て、思っている以上に手間が省けます。

また、買った際の箱が既にない無い場合の運搬では、毛布などでくるんで運ぶのが比較的安全です。大半の引越し業者のケースでは、言わなくても毛布にくるんで運搬してくれますが、稀なケースで、くるむこともせずに運搬することがあるようです。気になる方は、引越しの見積りの際に、業者の方に確認しておくことをおすすめします。

単身引越しサービス(プラン、パック)を行なっている業者

コメントは受け付けていません。