車の引越しサービスってあるの?【実はあるんです!】

東京から沖縄に引越したり、あるいは沖縄から横浜や仙台、札幌へなんていうかなりの長距離の時に、どうするのか悩むものがあります。そのひとつが車ですよね。
kuruma04

長距離の引越しの時、車はどうしますか?

引越し先で今の車を乗る場合は、何らかの手段で車を持ってゆかなければなりません。300キロや400キロの距離であれば自分であるいは家族で車に乗り込み引越し先へ向かうのもよいでしょう。 しかし上で書いたような超長距離の場合にはちょっと苦しいですね。引越しついでに車で長旅と洒落こむような時間と心のゆとり(それと財布のゆとり^^)があれば楽しめますが、 たいていの人にはかなりな苦痛となってしまうかもしれません。

実は引越し業者で運べるのは荷物だけではありません。車も一緒に運べる(一台)引越しサービスがあるんです。 たとえば引越し大手会社のアート引越センターでは「カーキャリー21」というサービス名で提供されています。このサービスは荷物と同時に車も移動できるというものです。 長距離の引越しの場合には業者に荷物と車の運搬を任せて、家族は飛行機ですっと移動してしまえるのです。これはとても便利で楽なサービスですよね。

車やバイクの陸送サービスってどんなのですか?

fe
車やバイクの陸送サービスは、フェリーや大型積載車、自走輸送などを利用して車やバイク等を輸送するサービスのことで複数台を一度に輸送することにより、1台の陸送費を抑える便利なサービスです。車やバイクの陸送サービスは、どんな時によく使われているのでしょうか。それは、主に、ネットオークションで車の売買をした場合や、個人間などによる車の売買、引っ越しにより運搬の必要がある場合に使われることが多いです。もちろん長距離の引越しをする場合に車を引越し先に持ってゆきたい場合にも利用する人も多いようです。

また、旅行先でマイカーによるドライブを楽しみたい場合や、外出先で車が故障した場合にも陸送サービスが使われています。特に、オークションなどの車売買の際は、車検が切れてしまった車であるケースも多いと思いますが、車検切れの車でも輸送可能なのが便利です。万が一、輸送中に事故で車やバイクが破損してしまった場合も、陸送会社の規定による保険の適応がされると思いますので、お考えの陸送サービス会社に事前に確認しておくのがベストだと思います。このように車やバイクを長距離運びたい場合にも、便利な陸送サービスがありますので、車を売りたい場合、買いたい場合にお相手が遠方でも取引できるのが嬉しいです。

引っ越しの際も、長距離を運転する手間が無く、自分は飛行機や新幹線でゆったりと移動できるのも助かりますね♪ 長距離引っ越しをするのだけれど車は手放したくないという手段に利用を検討してみてください。

車を売却してしまうのも手

kuruma03車が古くなってちょうど新しくしようと考えていたなら、車を売却してしまうというのもひとつの手です。 最近は中古車の買取りが一般化してきました。海外も含めて市場がワールドワイドなために意外にも高値で売ることができるのです。

ディーラーに下取りを出すよりも平均して10万円くらいは買取価格が高いそうです。

あなたの今住んでいる街にも大手の車買取店があります。引越し前に車を売却してしまってから、新天地に引越しをするという人が増えています。

あなたの今乗っている愛車がどの程度で買い取りしてもらえるのかだけでも見てもらったらどうでしょうか?。
引越し資金にも充てられますからね。

どの中古車買取店が一番高い査定額をつけてくれるのか? コレなら簡単にわかります!

車の変更届けについて

引越しの際に必用な手続きの1つが、車の変更届です。あるいはバイクに乗っている人ならば、バイクの登録変更が必要になるでしょう。引越しで住所変更になる場合には、引越し後15日以内に、転居先を管轄する運輸支局に変更登録の申請を行いにいかなければなりません。また同時に、転居先地域を管轄の警察署に対して、車庫証明の手続きも同時に行う必要があります。自動車登録変更において必要の処理は、自動車検査傷と印鑑、そして自動車保管場所証明書、さらには自賠責保険証明書、および住民票など引越し事実を証明する書類です。けっこういろいろいりますが、まあ6アイテムほどだ、と思っておけば問題はないでしょう。

ちなみに同一市内などではなく、管轄運輸支局をまたぐ場合には、ナンバープレート変更が必要ですので、車を持ち込まねばなりません。車庫証明に関しては、自動車保管場所申請書に必要事項の記入を行い、それを提出することになります。この際に、自動車保管場所の見取り図と、自動車登録番号および車名・型番を記載する必要がありますので、それらについて事前に確認をしておきましょう。

貸し駐車場の場合には、「自動車保管場所使用承諾証明書」もしくは「駐車場賃貸借契約書」あるいは「駐車場料金の領収書」のいずれかの書類が必要になります。「自動車保管場所使用承諾証明書」に関しては、不動産仲介業者が、その発行手数料を徴収してくる場合がありますが、いま述べたように、わざわざこの書類を提示する必要はありませんので、その様な料金徴収行ってくる場合には、別の書類を添付して提出を行いましょう。

車も引越しも見積もり比較と査定が便利です

kuruma01長距離の引越しをする時にどうするか悩むものがあります。車もその一つですよね。数百キロを超える引越しで海を渡ったりする場合、車はどうしますか?。乗ってゆくとするとかなりの時間のロスと大変な労力がかかりますよね。

引越しの時には多くの手続きが発生します。面倒ですが避けられるものではありませんよね。その中のひとつが「車」「バイク」です。もちろん市内などの近場の引越しであれば新しい駐車場を探す程度ですので問題はありませんが、引越しが市外や県外になると話しは別になります。 さらに海を超える長距離の引越しともなれば車を処分して新天地で新しい車に買い換えたほうが良いのか?そのような選択肢も生まれてきます。あなたの場合はどうでしょうか。それぞれのケースは違いますのでここでは「こうするべき」的な意見を書くことはできませんが、これからの参考になるような記事を書いたつもりでおります。参考にしていただけたら幸いです。

コメントは受け付けていません。