oki1 (5)
近くに引っ越すことになった場合はまだいいのですが、遠くに引越しすることが必要になったとき、どのように手配を行うことが出来るでしょうか。まず考えておきたいのは料金を安く抑えるためには引っ越し業者をどこにするのかということとどんな方法で引越しをするのかというこの2点を賢く選ぶことが大事だということです。これは業者に実際に申し込んだり見積もりを依頼する前に調べておくことが必要です。というのは、業者は自分の会社の得意とする方法や儲けを考えて見積もりを出してくるので、悪徳業者ではなくても言いなりになってしまうとかなり高額になることもありうるからです。

oki1 (3)

まず引越しの方法ですが、長距離の場合は複数の移動手段を考慮することが出来ます。一番簡単に思いつくのはトラックを使った引越しだと思いますが、他にも船を使っての引越しや貨物列車を使う方法、そして場所によっては航空便を使うことも出来るかもしれませんし、これらをミックスして使い分けることが出来るかもしれません。ここで関係してくるのは引越しのために何日用いることが出来るかという点と、引越しの料金をいくらくらいまで出せるかということが関係してきます。

oki1 (2)

しかし慣れている人であればともかく、長距離の引越しをするときに上手に業者を選ぶにはどうすればいいのか迷う人も多いと思います。昔には考えられなかった方法として、今ではインターネットによる一括見積もりサイトというものがありますので、これを利用しない手はありません。全国に対応していますので、まず見積もりサイトで大まかな判断をすることからはじめてみることが出来るでしょう。

長距離にオススメの引越し業者

県外への長距離引越しをするとき料金が高くなるのは否めません。でも、長距離ならでは輸送手段を知っていると引越し料金を安く抑えることができます。

oki1 (4)

それは引越し業者の地方混載便を利用することです。大手の引越し業者の場合、不定期に各地方に数件の引越し荷物を載せて、一度に輸送することで一件あたりの引越し料金が安く抑えることになります。ただし同じ方向に引越しする人の荷物がたまらないと運ばれないので、荷物を受け取る日を利用者が決めることができません。

引越し後すぐに荷物が必要な方の利用には向かないかもしれませんね。でも、生活に必要な物は普通の引越便で送って遅くなっても構わないものはこれを使うと良いかもしれません。

oki1 (1)

『帰り荷』(あるいは帰り便)と呼ばれる、本来なら荷物を運び下ろして空で戻って来るのに荷物を載せることで業者は儲けになり、利用者は格安での引越しとなります。帰り荷はだいたい引越し日・時間が業者お任せとなっています。アート引越しセンターが平日で指定日時をしないと激安になるので、この方法を利用しての価格なのでしょう。

oki2

また、荷物が少なめで自分で梱包できる方は、一般の運送業者の路線便を使うと安い料金で引越しが出来ます。一般の運送業者だと荷物の配達はしてくれますが、家具の設置などの引越し作業はしてくれません。長距離に引越しは多少のデメリットを覚悟しておくとかなり安く抑えることができます。格安料金にするのかサービス重視にするかはお好みです。良い引越しになるよう検討してください。

長距離の引っ越しの専用プランが用意されています

さきほど説明したように、長距離の引越しになれば、距離が長くなればなるほど、どうしても費用は上がってきます。さらに、長距離の引越しには1台のトラックで全てを完了できないことも多く、途中で別のもので運搬したりさまざまな業者の手を介しておこなわれる場合も多いです。なので、どうしても費用が上がるだけではなく、運送の途中で荷物が破損したり紛失する可能性が通常の近距離型の引越し作業と比べると増えてくるでしょう。そのような消費者の不安を少しでも緩和してくれるのが長距離型の引越しプランです。

1606 (9)

長距離で引越し作業をする場合の専用のプランで、運送方法などを数種類のプランから選べます。距離が増えれば増えるほど、どうしてもコストは上がりますが、このようなプランを利用すればそのような長距離型の引越し作業における荷物への不安が減るのではないでしょうか。長距離型の引越しプランの参考例をあげると、アリさんマークの引越し社の長距離お引越しプランがあります。同社では、コスト面と安心面から3種類の引越しプランを用意しています。

ひとつは「長距離エコリーズナブルパック」で、JRコンテナオンリーによる運送方法で、搬入作業や運び出しは同社のスタッフがおこなう一番コスト面に優れたプランです。続いて「長距離エコ便」は、途中までを自社のトラックで運送し、長距離運送部分のみをJRコンテナでおこなうコストと自由面のバランスがとれたコースです。最後は、「長距離スペシャル便」というもので、仲介業者を利用せず、全ての運送を自社でおこなう一番安心面に優れたプランです。

このような、数種類のプランから自分にあったものを選択できるというのは長距離での引越しにおいて嬉しい選択肢ではないでしょうか。

比較することで引越し費用の安い業者が見つかります!

oki1 (4)
低費用で引越しをするには引越し料金の比較は必須です。業者ごとに料金設定は違いますので、後で後悔しない為にも必ず引越し料金の比較を行いましょう。比較を行う為には見積りが必要となります。見積りをもらう時はインターネットが便利です。インターネットならいつでも見積りを請求する事ができますし、また色々な割引サービスを受ける事もできます。

しかし、比較を行う業者の数が多い場合、一社一社見積り請求するのはとても大変です。そんな時は一括見積りを使ってみましょう。複数の業者へ一気に見積りの請求を行う事ができますので、比較を容易に行えるようになります。

また、サイトによって見積りを請求できる業者が違いますので、より多くの業者から見積りを出して欲しい場合は複数のサイトを利用するようにしましょう。基本的には無料ですのでどんどん活用してみましょう。また、一括見積りサイトによっては、見積りを請求後に成約となった場合にプレゼントを貰える事があります。人気の掃除機などが貰える事もあります。プレゼントキャンペーンを行っているサイトが無いかチェックしてみましょう。

各社からの見積りが集まり引越し料金の比較が完了したら、その中から料金の安い数社をピックアップしてみましょう。さらに料金を安くしてもらう為にもそれぞれに値下げ交渉を行いましょう。他社の料金を引き合いに出す事でさらに値引きしてもらえる事があります。比較を行って低費用での引越しを実現させましょう。

引越し業者のうまい選び方とは?

o13
引越し業者は一括無料引越し業者見積もりサイトを利用することで、複数の引越し業者から見積もりを入手することができます。見積もりを入手しましたら、「料金を比較する」「ご自身に合ったプランか否か」「引越し業者の条件がご自身の都合に合っているか否か」「割引やキャンペーンなどの確認」「引越し業者を複数社に絞ること」以上が対応すべきことです。あまりたくさんの引越し業者を候補としますと、対応するのが大変ですので、3~4社程度に絞るべきです。また引越しは一概にいくらと定義づけることはできませんが、引越しの相場が国土交通省から提示されていますので、確認するとよろしいと思います。

そして、引越し業者からの見積もりでは、表記されている料金だけをチェックするのではなく、付随するサービス(オプション価格)などの追加料金がかかるか否かをしっかり把握することが必要です。引越しの資材などを無料で提供してくれたり、少々の荷物ならば無料で対応してくれる場合もあります。せっかく安い引越し業者を選んだと思っても、フタを開けたら高くついたということのないようにしてください。引越し業者ならば、どの引越し業者を利用しても、そんなに料金もサービスも変わらないと思われる方もいらっしゃると思いますが、数万円異なることもありますし、単身者の場合には単身パックの種類などが異なると思いますので、しっかり条件を見極める必要があります。